News & Column

  1. 富士通レディース2017「富士通パビリオン」で選手GPS機能紹介や義足を体験
社会貢献活動

富士通レディース2017「富士通パビリオン」で選手GPS機能紹介や義足を体験

10月13日から15日までの3日間、社団法人日本女子プロゴルフ協会(LPGA)公認の女子プロゴルフツアー「富士通レディース2017」が、東急セブンハンドレッドクラブ(千葉市緑区)にて開催されました。

18番ホール横に設置された富士通パビリオンでは、選手GPS機能などが使える富士通アプリの紹介や、モバイルバッテリーの製品紹介・貸出しを行うとともに、障がい者スポーツの紹介並びにボッチャ・車いすバスケットボール・パラ陸上選手が装着している義足を体験できるコーナーが設けられました。

富士通レディース2017

富士通は、障がい者スポーツの普及・振興のため、本大会の入場料収入の一部を日本障がい者スポーツ協会様へ寄付しています。さらに、日本障がい者スポーツ協会様の取り組みを広くお客様にアピールするため、2015年よりこのような展示の場を提供しています。

今年は雨や寒さにも関わらず、多数の来場者が富士通レディースに訪れ、富士通パビリオンも子ども連れの家族など多くのお客様で盛況でした。

障がい者スポーツのコーナーに立ち寄った方からは、「名前は聞いたことがある『ボッチャ』を初めてやってみたけど、子どもも一緒に楽しめて良かった」「車いすバスケの車いすがこんなに小回りが利くものだとは知らなかった」「義足の体験はしたことがなかった。これであれだけの動きをするアスリートはすごい」といった様々な感想が寄せられました。

富士通レディース2017日本障がい者スポーツ協会様展示ブース

義足体験

富士通は今後もこのような取組みを通じて、障がい者スポーツの普及・振興に貢献していきます。