News & Column

  1. 富士通那須工場「那須フェスタ」にて、パラリンピックスポーツの体験会を開催
社会貢献活動

富士通那須工場「那須フェスタ」にて、パラリンピックスポーツの体験会を開催

9月9日、那須工場で開催された「那須フェスタ」にて「パラリンピックスポーツの体験会」と「心のバリアフリー」を実施いたしました。当日は天候にも恵まれ、多くの方にお越しいただき、各ブースはすべてが大盛況でした。

パラリンピックスポーツの体験会スタッフ
パラリンピックスポーツの体験会スタッフ

本取り組みでは、地域における東京2020大会への機運醸成や、パラリンピックスポーツの体験会への興味発掘、普及などを目的として開催し、川崎工場・明石工場に続き、3回目の開催となりました。今回は「ウィルチェアーラグビー」「車いす」「ボッチャ」をブースで、お客様が普段触れることの少ない3つの体験をしていただきました。

【ウィルチェアーラグビー体験】
関東のウィルチェアーラグビーチームのメンバーにお越しいただきました。小さな子供から大人まで、競技用の車いすに乗り、操作の仕方を選手からレクチャーしてもらった後、ミニゲームを行いました。激しいタックルに歓声も上がっていました。

ミニゲームでウィルチェアーラグビーを体験
ミニゲームでウィルチェアーラグビーを体験

【車いす体験】
2人1組のペアになっていただき、段差や自動販売機、トイレでの大変さを実感いただきました。お子様が車いすに乗ったご両親を押す場面では「重い!」「大変!」と言いながらも、懸命に車いすを動かす姿は印象的でした。

段差のある場所を車いすで昇降する様子
段差のある場所を車いすで昇降する様子

【ボッチャ体験】
2対2に分かれて、競技を行っていただきました。那須のご当地キャラクターもボッチャを体験してくれて、ボールを投げる度に盛り上がりを見せていました。

ボッチャ初体験のお客様が多数いらっしゃいました
ボッチャ初体験のお客様が多数いらっしゃいました

イベントは常に人が絶えることがなく、予想以上の方々にパラリンピックスポーツの体験会を体験していただくことができました。車いす体験をされたお客様からは「障がい者の気持ちになり、考えさせられました」、また他にも「ボッチャという競技を初めて体験したが、楽しかった。ぜひ東京2020パラリンピックで競技を観戦したい」といった声などが寄せられました。