News & Column

  1. 日本体操協会と富士通および富士通研究所、体操競技における採点支援技術の共同研究について合意 [ 日本体操協会 / 富士通 / 富士通研究所 ]
テクノロジー

日本体操協会と富士通および富士通研究所、体操競技における採点支援技術の共同研究について合意 [ 日本体操協会 / 富士通 / 富士通研究所 ]

公益財団法人日本体操協会(本社:東京都渋谷区、会長:二木英徳、以下、日本体操協会)と、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下、富士通)および、株式会社富士通研究所(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:佐々木繁、以下、富士通研究所)は、富士通研究所が開発した3Dレーザーセンサーと3Dデータ処理技術(骨格・技認識技術)と、日本体操協会が持つ技の認識に関するノウハウを融合し、体操競技における採点支援技術の共同研究を行うことに合意しました。

背景と目的

採点スポーツである体操では、常に公平かつ正確な採点を目指して、長年に亘り多くの努力や改革が行われてきました。しかしながら、体操の技術進歩は非常に速く、ひねりの回数など、目視では正確な判定や採点を行うことが困難な場合も出てきています。そのため、瞬時に正確な判定をすることが求められる審判員の負担は増大する傾向にあります。目視による判定に加え、ICTを活用して競技者の動作をセンシングし、数値データとして分析できるようにすることで、より正確な判定を支援することが可能になります。現在、人間の動作分析にはモーションキャプチャー技術(注1)が主に利用されていますが、競技者に多数のマーカーを装着する必要があるなど競技者に負担が掛かるため、実際の競技では利用することができませんでした。今回、3Dレーザーセンサーによって人間の動きを立体的かつ高精度に捉え、取得した3Dデータから人間の骨格や実施された技を認識することで、競技の判定に必要な数値データを導き出し、審判の採点を支援する技術の実現を目指します。

共同研究の内容

富士通研究所が開発した3Dレーザーセンサーや3Dデータ処理技術などを活用して、日本体操協会の登録者などの競技データを取得するとともに、日本体操協会が持つ技の認識や審判の採点に関するノウハウなどを収集し、審判の採点を支援する技術の研究や実証を共同で行ないます。

富士通および富士通研究所は各種データの取得や要素技術の研究および実証などを、日本体操協会はデータ取得の協力や採点ノウハウおよび実証実験環境の提供などを行う予定です。

富士通研究所の技術の特徴

従来の3Dレーザーセンサーでは距離や動きに応じて画角を制御することができなかったため、遠距離で利用すると解像度が低くなり、スポーツへの適用は難しいという課題がありました。今回、MEMS(注2)の高度な制御技術を用いて、距離に応じて画角を自動調整し、遠距離でも解像度を維持する技術を開発しました。

また、骨格認識技術では、大量なデータを基に機械学習したモデルを使うことで骨格を高速に認識する従来方式に加えて、3Dデータに対して人体の最適な骨格形状を当てはめる新たな方式を組み合わせることで、高速・高精度な認識技術を開発しました。

今後、これらの技術を体操競技の動きに対応できるようさらに改良し、採点支援技術を実現していきます。

今後の展開

本技術の実現により、複雑化、高度化する体操競技における審判員の負担軽減に加え、試合における採点時間の短縮にも寄与し、競技者や観戦者などにとってもメリットが期待されます。また、本技術を試合観戦やトレーニングに適用することで、体操などの採点競技以外のスポーツでの活用も想定されます。

エンドースメント

スポーツ庁長官 鈴木 大地様のコメント

日本体操協会と富士通および富士通研究所が共同し、新しい採点支援技術を開発することは、大変素晴らしい取組み。日本が有する技術力の導入により、選手の演技や審判の質を向上させ、東京2020大会に向けて体操の競技力向上や魅力向上につなげていただきたい。スポーツとICTの融合等、スポーツ界と企業の連携によるスポーツ産業の活性化にも期待しています。
※商標について:記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

注釈
注1 モーションキャプチャー技術:
スポーツや映像分野で用いられる、人体の動きをデジタル情報として記録する技術。
注2 MEMS(Micro Electro Mechanical Systems):
電気回路と、微細な機械的構造を一体化したシステム。マイクロマシンとも言われる。

本件に関するお問い合わせ

公益財団法人 日本体操協会
03-3481-2341(直通)

富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間: 9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)